2007年11月14日

ガンダム00第6話「セブンソード」

以下ネタバレを含みますので、未視聴の方は回避してください。







「セブンソード」
刹那の乗るエクシアの開発コード。新規にプラスされた2本と
今までの3本(ビームサーベル2本・右手のブレード1本)とで
現在5本というところでしょうか・・・。圧倒的機動性と接近戦専用の武器からして、アリーの機体と対した時のように距離を取ると
いう戦法が果たして有効なのかどうかいまいち疑問に思いました。
エクシアの機体そのものがまだ完成には遠いでしょうが、最終的には中距離戦も不得手となりそうな機体。そういったことからすれば
セルゲイやグラハムといった連中に対するには少し厳しい。マイスター同士でもっと連携する必要がありそうです。

「AEU」
これで一応最初の介入からそれぞれ3カ国を再度回ったようですが
あまり広げすぎると内容が薄くなりはしないだろうかと少々不安に
感じますね。2クールでこれらを個別的に壊滅状況に追い込み、次の2クールで連合させるとかでしょうか。最後まで別々ということはちょっとないでしょうね。

「スメラギ」
自らのビリーへの接触とビリーが対ガンダム部隊にいるということが知れたので(というかそこまで知った上での接触のような気もしますが)接触そのものまで何かの材料とするでしょうか。
最悪正体ばれるところまではスメラギは考えるでしょうし、それをどう利用するかも考えるような気もします。

「CBスタッフ」
マイスターにしろ王やスメラギなどにしろ、移動に軌道エレベーターを使うことが多い。またガンダムを宇宙にあげることやプトレマイオスの運用(いくらレーダーにとらわれないように動いても目視されたらレーダーに映らないことは逆に不利になるし、生活物資の面からも寄港する必要はあるでしょう。または物資を積んだコンテナを持ってくる等)に関しても所属なしとは考えづらく、コロニー開発業者なりを隠れ蓑にしてる可能性もある。
また資金源そのものが開発業者である可能性もありうる。

とりあえずタイトルに相応しくない伏線をばらまいた回でしたね。
posted by りぐ at 11:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/66445648

この記事へのトラックバック

機動戦士ガンダム00 #06 「セブンソード」
Excerpt:  ヨーロッパの新興国、モラリアの経済は、  傭兵派遣の巨大企業、 PMC によって成り立っていた。  AEU と PMC の大規模な共同軍事演習。  当然のようにソレスタルビーイングは介..
Weblog: 月の静寂、星の歌
Tracked: 2007-11-14 18:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。