2007年11月19日

ガンダム00第7話「報われぬ魂」




以下ネタバレを含みます。




☆ヴェーダ

スメラギの予報と共にCBの戦略を練る上で元になっている
要素。まず単純にスパコン説。もう一つは古代インドの
「ヴェーダ」に関与するものであるという説。日々変わる情勢を
自動的に収集し、それをもとに独立したA.Iによって予測を
立てている。これでいいように思ったりもするのですが、何か
ひっかかるのですよね。そういったことから「ヴェーダ」と
合わして(この場合古代インドのこととは関係なくそのあり方
を元にしているという意味ですが・・・。)ある種の方向性を
与えている。今のところ私自身眉唾ですがね。

☆スメラギ

外れてほしいヴェーダの予測。なんとなく大きな意志そのものに
対抗したいというようにも感じますね。ここらあたりから
考えてもヴェーダがただのスパコン(あるいはA.I)とは思えない
のです。

☆スメラギ+アルコール

単に依存症レベルという取り扱いなのか。なんか地位が上がるに
つれて酒量が増えていったヤン=ウェンリーと通じるのかも。
スメラギのポジション自体戦略家に近いでしょうしね。

☆ガンダムマイスター

刹那のみ過去が深く掘り下げられてきました。出発地点が
ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアを既に超えている悲惨さ。
救いがあるのかどうか、どう救われていくのか脚本家の腕に
期待します。

posted by りぐ at 12:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67543903

この記事へのトラックバック

機動戦士ガンダム00 #07 「報われぬ魂」
Excerpt:  西暦2307年、3本の軌道エレベータを中心とする太陽光発電システムの完成によって、人類は、半永久的なエネルギー供給を手に入れた。  しかし、それでも人類は争いをやめることはなく、各国家群は己の威信..
Weblog: 月の静寂、星の歌
Tracked: 2007-11-19 23:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。